キャラクター紹介

スコット・マクスウェル

本作の主人公その1。29歳。ローゼランド空軍のパイロット。階級は少佐。撃墜ランキングでは空軍でトップレコードを更新し続けるれっきとしたエースパイロット。過去の大戦で現在進行形でPTSDを患っている。そのため仲間や家族、僚機を失うことを極度に恐れる傾向がある。

中身は基本誰に対しても丁寧語で接する優しい青年。童顔で低身長なことをこっそり気にしている。

コールサインは「レックス」。


ステファニー・フェニックス・アンデルセン

本作の主人公その2。20歳。ローゼランドのレジスタンス集団「エアプロ」に属するA級テロリスト。10歳から戦闘訓練を受け、13歳で戦場に出たエースパイロットであり、一度国土を焦土にしたエースの集団「シャーク分隊」の二番機を勤めていた。

仲間を罪を一人で引き受ける形で裁判にかけられ、辺境の刑務所に服役していたが、期間が満了し出所した。

背が高い上声も低く、あまり笑わないので威圧感があるが、実際は情に厚く仲間を大事にする優しい女性。

コールサインは「フェニックス」。


サリー・ハンドレッド

ローゼランド空軍フランクフィールド地方基地の司令官。27歳。階級は少将。元はガンシップ部隊の部隊長だが、戦績を認められ、前司令官の後を継いで司令官に昇格した。

曲者揃いのフランクフィールドをまとめ上げる統率力をもち、空軍の中ではトップクラスの頭脳を持つ。

性格は粗雑で乱雑、自分のことは結構いい加減。何事にも動じない強心臓の持ち主。

部下思いであり、心を病みながら飛び続けるスコットを何かと気にかけている。


アザミ・クエンフィールド

ローゼランド空軍のパイロット。25歳。階級は中尉。先日トップガンを卒業したスカイストライカーズの一人。先日フランクフィールドに着任した。

戦闘機パイロットとしての腕前は確かだが、カンに頼った飛行が多く型にはまらない問題児。性格は男勝りで口調も鋭い。極度の潔癖症。大酒呑みの大食らい。

姉二人もパイロット。性格もあり真ん中の姉に僚機を努めてもらっている。

コールサインは「ディストロ」


ヴィル・カインドフィールド

フェニックスの幼馴染でシャーク分隊のパイロット。20歳。コールサインは「ジースター」。

SS級指定テロリスト。フェニックス同様、幼い時に訓練を受け、14歳でパイロットになり、多くの空軍の戦闘機を撃墜してきた。過去の経緯から空軍に強い恨みを持つ。

シャーク分隊解体後は単独での離陸、戦闘を繰り返し危険なパイロットリストに。

仲間思いな性格だが、それだけに危険から遠ざけようとすることもあり少々孤立君。

手先が器用で機械いじりが大好き。


マーシャル5

フランクフィールドの技術を総動員して構築された自立式戦闘支援プログラム。空軍に属していた高い生還率のパイロットの飛行データを基に、スコットの戦闘駆動を元に空中戦闘を数値化。様々な機体に接続され、戦闘をサポートする。スコットと会話するうちに自我を持ち、一つの人格を生成した。

本来は機体に組み込まれるプログラムだが、非戦闘時はシェリルの作った義体に宿って行動している。空戦での正確さとくらべると地上は慣れていないようでいろいろとやらかす残念なAI。

義体が三年前に行方不明になったパイロットににているとかいないとか。


シェリル・マクスウェル

フランクフィールドに所属するエンジニア。28歳。スコットの従妹。低身長。後天的な白皮症で日光が苦手。

基地に存在する戦闘機やその他機械類のハード面を担当するチームのチーフエンジニア。専門は機械工学だが、組み込み系のプログラムを書くことも多い。

何を考えているかわからない口調で喋るが性格は明るく陽気。守銭奴でバイセクシャル。基地の備品を魔改造して苦情を受けているとかいないとか。

パンが好き。